プロフィール紹介

バーニーズ・マウンテン・ドッグについて

LongleaseBMDs.jpg原産地 スイス


用途
元来はガード・ドッグ、牽引用の犬として又、ベルン州では農場でキャトル・ドッグとして用いられていたが、現在でも多用途に用いられており、家庭犬としても飼育されている。 

沿革
バーニーズ・マウンテン・ドッグは起源の古いファーム・ドッグ(農場で飼われている犬)で、ガード・ドッグや牽引犬として又、ベルン周辺の山岳地帯や中部で牛追いに用いられていた。この長毛でトライカラーのファーム・ドッグが特に数多くいた地域では、ベルン州のリギ山の近くの村落とデュールバッハの旅館の名前をとって、元来デュールベッヘラーと呼ばれていた。
1902年、1904年、1907年にはこの犬種はすでにドッグ・ショーに出陳されていた。
1907年には、ブルクドルフ地方のブリーダー達が「スイス・デュールバッハ・クラブ」を設立することによってこの犬種の純血繁殖を推進し、またこの犬種の特徴を固定しようとした。1910年にブルクドルフで開かれたショーには、その地方の多くの農場主たちがデュールベッヘラーを出陳し、すでに107頭もの犬が出陳されていた。この日より、 (スイス・マウンテン・ドッグの他の犬種の例に従って)この犬は“バーニーズ・マウンテン・ドッグ”と名称変更され、スイス中とドイツの隣接する地域で急速に高く評価されるようになった。今日、バーニーズ・マウンテン・ドッグは印象的なトライカラーの被毛と適応力の高さ故に、世界中でよく知られ、家庭犬、伴侶犬として高く評価されている。 

一般外貌
長毛で、トライ・カラーの作業犬。中型より大きめで、頑健な体躯で、機敏である。
全てのバランスがよくとれている。 
習性/性格
日常生活では自信に満ち、注意深く、油断がなく、また怖いもの知らず。性格が良く飼い主には献身的で、他人に対しても穏やかで、自信を持って接する。ムラがなく、従順な性格。
毛色
ジェット・ブラック(漆黒)。    
頬、目の上、四肢全てと胸には、リッチタン・マーキングがあり、他に下記の場所にホワイトのマーキングが見られる。 
・頭部には左右対称のクリーン・ホワイト(純白)のマーキングがある。ブレーズは鼻の両脇に向かって伸び、マズル・バンドと合流する。又、目の上のタンのマーキングにかぶってはならない。ホワイトのマズル・バンドは口の端をすぎてはならない。
           
・喉や胸にある、適度に幅広く、途中で途切れないホワイトのマーキング
・理想:ホワイトの足、尾の先端のホワイト 
・許容範囲:うなじにある小さなホワイトの斑、肛門にある小さなホワイトの斑  
サイズ
牡:64−70cm、理想サイズ66−68cm
牝:58−66cm、理想サイズ60−63cm